文喫 ぶんきつ BUNKITSU

本日の本

  • 09月21日の本

    最果タヒ『百人一首という感情』(リトルモア)

    ⁄ ⁄ スタッフレビュー

    月の眩しい晩にはいつも、もし今が平安時代なら、愛しい人の元へ忍ぶのにとても頼もしく思うだろう と柄にもないことを考えてしまう。百人一首では月は主役ともいえるほど頻出する。月光の下では誰もが少し感傷的になる。

  • 最果タヒ『百人一首という感情』(リトルモア)

    最果タヒ『百人一首という感情』(リトルモア)

/

本日の本 一覧

本日の本 一覧