文喫 ぶんきつ BUNKITSU

本日の本

  • 08月20日の本

    徳井淑子『黒の服飾史』河出書房新社

    ⁄ ⁄ スタッフレビュー

    白を縁取る色。対極とされる色。「死」を、西洋では黒、東洋では白で表すと言われている。黒は、黒であると同時に白でもあるのかもしれない。白い服を身に纏うとき、その足元から伸びる、もう一人の黒ずくめの自分。(🍤)

  • 徳井淑子『黒の服飾史』河出書房新社

    徳井淑子『黒の服飾史』河出書房新社

/

本日の本 一覧

本日の本 一覧