文喫 ぶんきつ BUNKITSU

本日の本

  • 07月27日の本

    森見登美彦『宵山万華鏡』(集英社)

    ⁄ ⁄ スタッフレビュー

    京都の祭、中でも祇園祭はとにかく驚愕だった。うっすらと張り詰めたような緊張感と高揚感が街中に漂う1ヵ月を過ごしても、よそ者にはどこか立ち入れない秘密めいたものを感じた。闇の中に浮かぶ提灯、お囃子、色とりどりの浴衣、出店。迷い込んだらもう出られない気がして。

  • 森見登美彦『宵山万華鏡』(集英社)

    森見登美彦『宵山万華鏡』(集英社)

/

本日の本 一覧

本日の本 一覧