文喫 ぶんきつ BUNKITSU

本日の本

  • 7月22日の本

    ミラン・クンデラ『無意味の祝祭』(河出書房新社)

    ⁄ ⁄ スタッフレビュー

    喜劇的なものは、容赦なく世界の無意味さを暴露する。ヘソへの瞑想、出鱈目な言語、ちいさな嘘。日常に潜む無意味さを笑うには、才能と歴史的な知識が必要だ。たとえ無益なものだと言われても、見落とし続けていたらつまらないじゃないか。(涎)

  • ミラン・クンデラ『無意味の祝祭』(河出書房新社)

    ミラン・クンデラ『無意味の祝祭』(河出書房新社)

本日の本 一覧

本日の本 一覧

nightcruising