企画展
イベント

イベント詳細

終了

11月1日 マレーシア フードカルチャー散策

食を入り口にマレーシアのカルチャーを散策するトークセッション

マレーシア フードカルチャー散策

2022/11/01 19:00〜21:00 at 文喫 六本木

2022年12月、マレーシアの2人の作家の来日に向けて、
アジアの文学を紹介してきた国際交流基金「YOMU」プロジェクト
本と出会うための本屋「文喫 六本木」のコラボレーション企画がスタートします。

 


Photo by Oto Furukawa

 

「一皿の料理には、その土地の文化が詰まっている」

マレーシアの作家ナディア・ハーンさんのこの短編小説を読んでみてください。

「芋のチップス」に「トンカッアリ」と、

見慣れない食べものが出てきます。

異文化に触れる時には、

食べものも理解のきっかけになるのです。

食べものには、つくる人、食べる人の暮らし、

そして、それを食べることのイメージが織り込まれています。

多民族国家マレーシアのフードカルチャーを散策しながら、

時折、文化の深みにはまってみる。

そんなトークセッションを開催します。

その名も「マレーシア フードカルチャー散策」

食をきっかけにマレーシアの文化に飛び込んでみましょう。

 

広大な食の世界へと導く水先案内人は

マレーシア食文化ライターの古川 音さん。

食をきっかけに文化の深みへと誘うのは、

マレーシア文化に造詣の深い翻訳者の戸加里 康子さん。

そして、未知の食文化を参加者と一緒にさまよってくれるのは、

料理家の長谷川 あかりさん。

マレーシア料理をたくさんの写真で紹介したり、

マレーシアの小説の話をしたり、

日本で食べられるマレーシア料理のお店の話をしたりと、

話の種は盛りだくさん!

聞いているだけで、よだれが出そうな「おいしい」おしゃべりをきっかけに、

マレーシアの文化を、一緒に散策してみませんか?🚶‍♀️

 

そして、トークセッションでは、

12月に来日するマレーシアの2人の作家と、日本の2人の作家による、

写真と音楽とことばの交換日記企画「風景交換」についてもお話しします。

「風景交換」に参加するのは、

マレーシアからは作家のナディア・ハーン(Nadia Khan)さん、

映画監督、編集者のアミール・ムハマド(Amir Muhammad)さん。

日本からは歌人の伊藤 紺さん、

作家であり、歌人としての作品もある大前 粟生さん。

「風景交換」企画の詳細は、11月上旬に公開予定です。

お楽しみに!

 

 

【こんな人におすすめ】

・食べることが好きな人

・旅が好きな人

・マレーシアに行ってみたい人

・未知の「おいしい」を知りたい人

・異国の食文化に興味がある人

・マレーシアや東南アジアの文化に興味がある人

・日本で食べられるマレーシア料理のお店を知りたい人

 

 

【登壇者】

古川 音 Oto Furukawa

マレーシア食文化ライター。2005~09年、マレーシアの首都クアラルンプールに滞在。日本人向け情報誌の編集を4年間手がける。現在は、日本で編集ライターとして活動するほか、体験型ごはんイベントを主催するマレーシアごはんの会、またマレーシア文化メディア『WAU』の編集・執筆を手がける。著書に『マレーシア 地元で愛される名物食堂』(学研プラス)、『ナシレマッ』(マレーシアごはんの会)など。


戸加里 康子 Yasuko Togari

マレーシア語通訳・翻訳・講師。学部在学中にマレーシアに留学し、以来、マレーシアと日本を行き来しながら、マレーシア関係の仕事に携わる。日本で上映されるマレーシア映画の字幕監修なども行う。国際交流基金「アジア文芸プロジェクト”YOMU”」では、マレーシアの2作品(マレーシア語、英語)の日本語訳を担当。著書に『旅の指さし会話帳マレーシア』(情報センター出版局)。


長谷川 あかり Akari Hasegawa

料理家・管理栄養士。「なんでもない日を幸せにする、シンプルで豊かなごはん」をテーマに、食べ疲れないのにちょっぴりおしゃれで自己肯定感の上がるレシピを発信中。


開催前

小説『看板ボーイズ』は、なぜ生まれたのか? ~文喫で見つけた一冊の建築本から始まった物語~ 昭和レトロを代表する「看板建築」の現在と未来を、著者と2人の専門家が語る

昭和レトロを代表する「看板建築」の現在と未来を、著者と2人の専門家が語る

小説『看板ボーイズ』は、なぜ生まれたのか? ~文喫で見つけた一冊の建築本から始まった物語~ 

2024/06/092024/06/09(日)19:00〜20:30

開催前

『ネオ日本食』刊行記念トークイベント トミヤマユキコ×後藤竜馬 幻のお酒「ホイス」の奥深き世界

『ネオ日本食』刊行記念トークイベント

トミヤマユキコ×後藤竜馬 幻のお酒「ホイス」の奥深き世界

2024/6/1(土)14:30〜16:00

終了

田村正資 × 志賀玲太 QurioStoreポップアップ開催記念トークイベント 「読む、書く、QurioSする」

田村正資 × 志賀玲太 QurioStoreポップアップ開催記念トークイベント

「読む、書く、QurioSする」

2024年5月10日(金)19:00~21:00(開場18:00)

終了

―池波正太郎展・関わった人々・映画―  講師:菊池壮一

―池波正太郎展・関わった人々・映画―  講師:菊池壮一

「池波正太郎の思い出」

2024年5月2日 (木) 19:00 - 20:30

終了

凪 × 脇田あすか 『雨とほくろ』出版記念トークイベント“かわいい”を届けたい。 イラストとデザイン、本をめぐる2人の制作舞台裏!

凪 × 脇田あすか 『雨とほくろ』出版記念トークイベント

“かわいい”を届けたい。イラストとデザイン、本をめぐる2人の制作舞台裏!

2024/04/05 19:00~21:00(開場18:00)@文喫 六本木

終了

【3月28日】長井短『私は元気がありません』刊行記念トークイベント「シナリオのある生活 ~ワンナイトラジオ in 文喫~」

【3月28日】長井短『私は元気がありません』刊行記念トークイベント

「シナリオのある生活 ~ワンナイトラジオ in 文喫~」

2024年3月28日(木)19:00~21:00(開場18:00)@文喫 六本木

企画展 / イベントトップ

文喫の貸切(イベントやレンタルスペースとしてのご利用)

店内を貸切でご利⽤いただけます。トークイベントやファッション誌の撮影、テレビドラマの収録など、様々な⽤途にご利⽤可能です。
パーティーなどの利⽤も別途ご相談ください。

■ ⽂喫貸切及び撮影利⽤

料金

9:00〜12:00

【平日】82,500円/1H
【土日祝】110,000円/1H

18:00〜21:00

【平日】82,500円/1H
【土日祝】110,000円/1H

天井高:最大5.8m(1F展示室部分)
面積:30㎡(1F展示室部分) / 260㎡(2F部分、書棚有)

※価格はすべて税込です。

※準備・受付/後⽚付けの時間も含まれます。30分単位で承ります。

※延⻑の場合、経過15分毎に、上記1/4の延⻑料⾦を頂戴します。

※⼀般の利⽤者様との兼ね合いもありますので、開店時間から使⽤終了時間まで、使⽤開始時間から閉店時間までの料⾦を頂戴します。

※上記以外のお時間をご希望の⽅は、別途ご相談ください。

※繁忙期など店舗状況によって、ご利⽤いただけない場合もございます。あらかじめご了承ください。

※予約をキャンセルされる場合、下記の基本料⾦を頂戴しております。あらかじめご了承ください。
7⽇前:30% / 3⽇前:50% / 前⽇:70% / 当⽇:100%

■ 研究室貸切利⽤

料金

9:00〜20:00

【平⽇のみ】11,000円/1H

最大定員:8名
面積:19㎡

※価格はすべて税込です。

※お⼀⼈様あたり⼊場料1,650円(税込)は別途頂戴いたします。

※準備・受付/後⽚付けの時間も含まれます。30分単位で承ります。

※延⻑の場合、経過15分毎に、上記1/4の延⻑料⾦を頂戴します。

■ イベントスペース貸切利⽤

料金

18:00〜20:00

【平⽇のみ】55,000円/1H
※最大定員40名

最大定員:40名
面積:70㎡
使用可能機材:マイク4本、アンプ、単焦点プロジェクター、Wi-Fi、ロッカー、イス、テーブル、キッチン併設

※イベントのオンライン配信可能です。費用は別途お見積りとなります。

※価格はすべて税込です。

※お⼀⼈様あたり⼊場料1,650円(税込)は別途頂戴いたします。

※準備・受付/後⽚付けの時間も含まれます。30分単位で承ります。

※延⻑の場合、経過15分毎に、上記1/4の延⻑料⾦を頂戴します。

お知らせ