企画展
イベント

イベント詳細

開催前

小説『看板ボーイズ』は、なぜ生まれたのか? ~文喫で見つけた一冊の建築本から始まった物語~ 昭和レトロを代表する「看板建築」の現在と未来を、著者と2人の専門家が語る

昭和レトロを代表する「看板建築」の現在と未来を、著者と2人の専門家が語る

小説『看板ボーイズ』は、なぜ生まれたのか? ~文喫で見つけた一冊の建築本から始まった物語~ 

2024/06/092024/06/09(日)19:00〜20:30

小説『看板ボーイズ』は、なぜ生まれたのか?

~文喫で見つけた一冊の建築本から始まった物語~

菊地百恵(脚本家)×宮下潤也(建築家)×海老原義也(海老原商店店主)
 

【イベント詳細】

今年2月に発売した、小説『看板ボーイズ』の著者・菊地百恵さんは、執筆業の傍ら、文喫で働いていました。菊地さんが看板建築に興味を持ったきっかけは、文喫で勤務中に、看板建築に関する書籍『看板建築図鑑』に出会ったからでした。
 

今回は、その『看板建築図鑑』の著者・宮下潤也さん、そして、神田須田町にある築92年の看板建築「海老原商店」を管理する海老原義也さんをお招きし、小説『看板ボーイズ』がいかにして生まれたのか、そして看板建築の魅力について、語っていただきます。
 
さらに、昭和レトロを代表する看板建築は、築100年近く経ち、承継や保存が全国で課題となっています。看板建築の現状と未来についても、議論を深めていきます。
 
建築好きの方、文学好きの方はもちろん、街歩きを楽しむ方、昭和レトロなカルチャーに興味のある方も、ぜひご参加いただければと思います。
 

【登壇者紹介】
 

菊地百恵
脚本家。小泉徳宏監督主宰・モノガタリラボ所属。NHK FM やTOKYO FM など、多数のラジオドラマのほか、ショートフィルム、ソーシャルドラマ、漫画原作に至るまで、幅広いジャンルで脚本を担当。2024年、初の著作となる『看板ボーイズ』を刊行。

 

宮下潤也
1989年、長野県生まれ。一級建築士。筑波大学芸術専門学群デザイン専攻卒業後、ゼネコンにて建築設計の仕事に従事する傍ら、2017年より看板建築を題材としたイラストレーションの制作を始める。独自の目線で切り込む古今東西の看板建築考察がSNSなどで話題になる。著書に、『看板建築図鑑』(大福書林)、『東京のかわいい看板建築さんぽ』(エクスナレッジ)。

 


海老原義也
 
1980年、鎌倉生まれ。明治学院大学経済学部卒。鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師。隅田川医療相談会鍼灸班主宰。整形外科で4年、口腔外科で10年研修し、運動器疾患、特に頭痛、顎関節症を専門としている。ライフワークとして、神田須田町にある築96年の看板建築「海老原商店」を拠点に、神田のまちづくりを行なっている。
 
【書籍紹介】
 

『看板ボーイズ』
著者:菊地百恵(きくち・ももえ)
発売日: 2024年2月26日(月)
価格: 1,760円(税込)
ISBN: 978-4-07-454770-8
発行: イマジカインフォス
発売: 主婦の友社
 
神保町にある『相良珈琲店』跡地に引越してきた公務員の誠は、引越し当日に突然現れた銀髪の美青年・ワタルと、なぜか同居することに。そして、古い押入れから出てきた〝あるノート〟をきっかけに、二人の、日本各地の看板建築を巡る不思議な旅が始まるのだが


開催前

小説『看板ボーイズ』は、なぜ生まれたのか? ~文喫で見つけた一冊の建築本から始まった物語~ 昭和レトロを代表する「看板建築」の現在と未来を、著者と2人の専門家が語る

昭和レトロを代表する「看板建築」の現在と未来を、著者と2人の専門家が語る

小説『看板ボーイズ』は、なぜ生まれたのか? ~文喫で見つけた一冊の建築本から始まった物語~ 

2024/06/092024/06/09(日)19:00〜20:30

開催前

『ネオ日本食』刊行記念トークイベント トミヤマユキコ×後藤竜馬 幻のお酒「ホイス」の奥深き世界

『ネオ日本食』刊行記念トークイベント

トミヤマユキコ×後藤竜馬 幻のお酒「ホイス」の奥深き世界

2024/6/1(土)14:30〜16:00

終了

田村正資 × 志賀玲太 QurioStoreポップアップ開催記念トークイベント 「読む、書く、QurioSする」

田村正資 × 志賀玲太 QurioStoreポップアップ開催記念トークイベント

「読む、書く、QurioSする」

2024年5月10日(金)19:00~21:00(開場18:00)

終了

―池波正太郎展・関わった人々・映画―  講師:菊池壮一

―池波正太郎展・関わった人々・映画―  講師:菊池壮一

「池波正太郎の思い出」

2024年5月2日 (木) 19:00 - 20:30

終了

凪 × 脇田あすか 『雨とほくろ』出版記念トークイベント“かわいい”を届けたい。 イラストとデザイン、本をめぐる2人の制作舞台裏!

凪 × 脇田あすか 『雨とほくろ』出版記念トークイベント

“かわいい”を届けたい。イラストとデザイン、本をめぐる2人の制作舞台裏!

2024/04/05 19:00~21:00(開場18:00)@文喫 六本木

終了

【3月28日】長井短『私は元気がありません』刊行記念トークイベント「シナリオのある生活 ~ワンナイトラジオ in 文喫~」

【3月28日】長井短『私は元気がありません』刊行記念トークイベント

「シナリオのある生活 ~ワンナイトラジオ in 文喫~」

2024年3月28日(木)19:00~21:00(開場18:00)@文喫 六本木

企画展 / イベントトップ

文喫の貸切(イベントやレンタルスペースとしてのご利用)

店内を貸切でご利⽤いただけます。トークイベントやファッション誌の撮影、テレビドラマの収録など、様々な⽤途にご利⽤可能です。
パーティーなどの利⽤も別途ご相談ください。

■ ⽂喫貸切及び撮影利⽤

料金

9:00〜12:00

【平日】82,500円/1H
【土日祝】110,000円/1H

18:00〜21:00

【平日】82,500円/1H
【土日祝】110,000円/1H

天井高:最大5.8m(1F展示室部分)
面積:30㎡(1F展示室部分) / 260㎡(2F部分、書棚有)

※価格はすべて税込です。

※準備・受付/後⽚付けの時間も含まれます。30分単位で承ります。

※延⻑の場合、経過15分毎に、上記1/4の延⻑料⾦を頂戴します。

※⼀般の利⽤者様との兼ね合いもありますので、開店時間から使⽤終了時間まで、使⽤開始時間から閉店時間までの料⾦を頂戴します。

※上記以外のお時間をご希望の⽅は、別途ご相談ください。

※繁忙期など店舗状況によって、ご利⽤いただけない場合もございます。あらかじめご了承ください。

※予約をキャンセルされる場合、下記の基本料⾦を頂戴しております。あらかじめご了承ください。
7⽇前:30% / 3⽇前:50% / 前⽇:70% / 当⽇:100%

■ 研究室貸切利⽤

料金

9:00〜20:00

【平⽇のみ】11,000円/1H

最大定員:8名
面積:19㎡

※価格はすべて税込です。

※お⼀⼈様あたり⼊場料1,650円(税込)は別途頂戴いたします。

※準備・受付/後⽚付けの時間も含まれます。30分単位で承ります。

※延⻑の場合、経過15分毎に、上記1/4の延⻑料⾦を頂戴します。

■ イベントスペース貸切利⽤

料金

18:00〜20:00

【平⽇のみ】55,000円/1H
※最大定員40名

最大定員:40名
面積:70㎡
使用可能機材:マイク4本、アンプ、単焦点プロジェクター、Wi-Fi、ロッカー、イス、テーブル、キッチン併設

※イベントのオンライン配信可能です。費用は別途お見積りとなります。

※価格はすべて税込です。

※お⼀⼈様あたり⼊場料1,650円(税込)は別途頂戴いたします。

※準備・受付/後⽚付けの時間も含まれます。30分単位で承ります。

※延⻑の場合、経過15分毎に、上記1/4の延⻑料⾦を頂戴します。

お知らせ