企画展
イベント

イベント詳細

終了

ポストコロナのSFを語る

お客様感謝祭-旅スル書店祭-

ポストコロナのSFを語る

2022/03/04/19:00~

【イベント内容】

2020年2月。新型コロナウイルスのパンデミックにより、わたしたちの生活は決定的な変容に迫られました。あれから2年。いまだ終わりの見えないコロナ禍で、わたしたちの未来はどこに向かうのか。

2021年4月に刊行された、日本を代表するSF作家たちがポストコロナの世界を描いた全19篇の書下ろしアンソロジー『ポストコロナのSF』(ハヤカワ文庫JA)を題材に、これからのSFについて4名の方に語っていただきます。

中国圏SF作品の翻訳・紹介の業績が評価され、第41回日本SF大賞特別賞を受賞した立原透耶さん。第19代日本SF作家クラブ会長を務め、《星系出雲の兵站》シリーズ(ハヤカワ文庫JA)で第41回日本SF大賞を受賞した林譲治さん。第18代日本SF作家クラブ会長の藤井太洋さん。そして、現在日本SF作家クラブ会長を務める池澤春菜さんです。

 

【登壇者プロフィール】

・立原透耶

1969年大阪生まれ。作家・翻訳家。日本SF作家クラブ、中国SF研究会会員。1991年に「夢売りのたまご」でコバルト・ノベル大賞の読者大賞を受賞、文庫デビュー。訳書に『三体Ⅱ 黒暗森林』劉慈欣(共訳、早川書房)、編集に『時のきざはし 現代中華SF傑作選』(新紀元社)他多数。2021年、第41回日本SF大賞特別賞を受賞。

 

・林譲治

1962年北海道生まれ。前・日本SF作家クラブ会長。臨床検査技師を経て、1995年『本間第9軍中東進撃ス――大日本帝国欧州電撃作戦1』(共著、飛天出版)で作家デビュー。確かな歴史観に裏打ちされた架空戦記小説で人気を集める。2000年以降は、『ウロボロスの波動』『ストリンガーの沈黙』『ファントマは哭く』と続く《AADD》シリーズをはじめ、『記憶汚染』『進化の設計者』(以上、早川書房)《侵略者の平和》シリーズ、『暗黒太陽の目覚め』(以上、ハルキ文庫)など、科学的アイデアと社会学的文明シミュレーションが融合した作品を次々に発表している。ミリタリーSFシリーズ《星系出雲の兵站》で第41回日本SF大賞を受賞。その他の著書に《大日本帝国の銀河》シリーズ(ハヤカワ文庫JA)など。

 

・藤井太洋

1971年奄美大島生まれ。SF作家。ソフトウェア会社に勤務する傍ら小説を執筆し、2012年、電子書籍で『Gene Mapper -core-』を発表、翌年にそれを増補改稿した『Gene Mapper -full build-』(ハヤカワ文庫JA)で作家としてデビュー。2015年、『オービタル・クラウド』(ハヤカワ文庫JA)で日本SF大賞、第46回星雲賞を受賞。第18代日本SF作家クラブ会長に就任する。2019年、『ハロー・ワールド』(講談社)で第40回吉川英治文学新人賞を受賞。著書に『アンダーグラウンド・マーケット』(朝日文庫)『ビッグデータ・コネクト』(文春文庫)『公正的戦闘規範』(ハヤカワ文庫JA)『東京の子』(KADOKAWA)など。

 

・池澤春菜

声優・書評家・エッセイスト。2020年9月より、日本SF作家クラブ会長。著書に『乙女の読書道』(本の雑誌社)、『最愛台湾ごはん』(KADOKAWA)、『SFのSは、ステキのS』(早川書房)、『はじめましての中国茶』(本の雑誌社)、『おかえり台湾』(高山羽根子との共著、インプレス)、『ぜんぶ本の話』(池澤夏樹との共著、毎日新聞出版)、翻訳書にブレイク『無垢の歌』、スティーヴンソン『⼦供の詩の庭』(ともに池澤夏樹との共訳、毎日新聞出版)、劉慈欣『⽕守』(KADOKAWA)など。

お客様感謝祭-旅スル書店祭-キャンペーンサイト

https://www.honyaclub.com/shop/pages/fes2022winter.aspx

 

【配信について】

イベントの配信はYouTubeLiveでライブ配信されます。

下記「応募する(Peatix)」ボタンをクリックすると、専用チャンネルに移行します。

※当ページは固定フォーマットの為、リンクボタンに「応募する(Peatix)」と記載がありますが、クリックすると「ほんらぶYouTube専用チャンネル」に移行します。

インターネット接続環境が整ったパソコンやスマートフォン、 タブレットからご視聴ください。

※イベント中の録画・ 録音は堅くお断りをしております。

 


開催前

コピー年鑑2022収録対談 言葉は学ぶ vol.3 若者にとって、いま一番効く言葉とは 長田麻衣(SHIBUYA109エンタテイメント マーケティング戦略部エキスパート/SHIBUYA109 lab. 所長) × 福部明浩(catch)

若者にとって、いま一番効く言葉とは

言葉は学ぶ vol.3 若者にとって、いま一番効く言葉とは

2022/10/17 (月) 19:00 - 20:30 JST

終了

【10月5日】コピー年鑑2022収録対談 言葉は学ぶ vol.2 ウェルビーイングと広告 石川善樹(予防医学研究者/博士 医学)× 田中直基(電通)× 栗田雅俊(電通)【10月5日】コピー年鑑2022収録対談 言葉は学ぶ vol.2 ウェルビーイングと広告 石川善樹(予防医学研究者/博士 医学)× 田中直基(電通)× 栗田雅俊(電通)

広告は人を幸せにできるか~ウェルビーイングと広告~

コピー年鑑2022収録対談 言葉は学ぶ vol.2 ウェルビーイングと広告 石川善樹(予防医学研究者/博士 医学)× 田中直基(電通)× 栗田雅俊(電通)

2022/10/05 (水) 19:00 - 20:30 JST

終了

【10月3日】『和田裕美の営業手帳2023』刊行記念イベント

今年も文喫 六本木で開催!

『和田裕美の営業手帳2023』刊行記念イベント

2022/10/03 (月) 19:00 - 20:00 JST

終了

【9月26日】コピー年鑑2022収録対談 言葉は学ぶ vol.1 サステナブルと広告  土井善晴(料理研究家)×三島邦彦(電通)

サステナブルと広告

コピー年鑑2022収録対談 言葉は学ぶ vol.1 サステナブルと広告  土井善晴(料理研究家)×三島邦彦(電通)

2022/09/26 (月) 19:00 - 20:30 JST

終了

つめをぬる学校 in 文喫 六本木 vol.1

つめをぬる学校 in 文喫 六本木 vol.1

2022/09/20 19:00~20:00(開場18:30)@文喫六本木

終了

編集者ナイトin文喫 ~ヒットメーカーの企画発想術や編集思考を深堀り!~ vol.1 柿内尚文(編集者)×川上徹也(コピーライター)

編集者ナイトin文喫 ~ヒットメーカーの企画発想術や編集思考を深堀り!~ vol.1 柿内尚文(編集者)×川上徹也(コピーライター)

2022/09/29 19:30~20:30(開場19:00)@文喫六本木

企画展 / イベントトップ

文喫の貸切(イベントやレンタルスペースとしてのご利用)

店内を貸切でご利⽤いただけます。トークイベントやファッション誌の撮影、テレビドラマの収録など、様々な⽤途にご利⽤可能です。
パーティーなどの利⽤も別途ご相談ください。

■ ⽂喫貸切及び撮影利⽤

料金

9:00〜12:00

【平日】82,500円/1H
【土日祝】110,000円/1H

18:00〜21:00

【平日】82,500円/1H
【土日祝】110,000円/1H

天井高:最大5.8m(1F展示室部分)
面積:30㎡(1F展示室部分) / 260㎡(2F部分、書棚有)

※価格はすべて税込です。

※準備・受付/後⽚付けの時間も含まれます。30分単位で承ります。

※延⻑の場合、経過15分毎に、上記1/4の延⻑料⾦を頂戴します。

※⼀般の利⽤者様との兼ね合いもありますので、開店時間から使⽤終了時間まで、使⽤開始時間から閉店時間までの料⾦を頂戴します。

※上記以外のお時間をご希望の⽅は、別途ご相談ください。

※繁忙期など店舗状況によって、ご利⽤いただけない場合もございます。あらかじめご了承ください。

※予約をキャンセルされる場合、下記の基本料⾦を頂戴しております。あらかじめご了承ください。
7⽇前:30% / 3⽇前:50% / 前⽇:70% / 当⽇:100%

■ 研究室貸切利⽤

料金

9:00〜20:00

【平⽇のみ】11,000円/1H

最大定員:8名
面積:19㎡

※価格はすべて税込です。

※お⼀⼈様あたり⼊場料1,650円(税込)は別途頂戴いたします。

※準備・受付/後⽚付けの時間も含まれます。30分単位で承ります。

※延⻑の場合、経過15分毎に、上記1/4の延⻑料⾦を頂戴します。

■ イベントスペース貸切利⽤

料金

18:00〜20:00

【平⽇のみ】55,000円/1H
※最大定員40名

最大定員:40名
面積:70㎡
使用可能機材:マイク4本、アンプ、単焦点プロジェクター、Wi-Fi、ロッカー、イス、テーブル、キッチン併設

※イベントのオンライン配信可能です。費用は別途お見積りとなります。

※価格はすべて税込です。

※お⼀⼈様あたり⼊場料1,650円(税込)は別途頂戴いたします。

※準備・受付/後⽚付けの時間も含まれます。30分単位で承ります。

※延⻑の場合、経過15分毎に、上記1/4の延⻑料⾦を頂戴します。

お知らせ