企画展
イベント

イベント詳細

終了

【6月29日】『日本野球はいつも水島新司マンガが予言していた!』刊行記念 次々と実現していった驚愕の歴史を検証する

[作品・野球・マンガ]三者三様の視点から

【6月29日】『日本野球はいつも水島新司マンガが予言していた!』刊行記念 次々と実現していった驚愕の歴史を検証する

2022/06/29 (水) 19:00 - 20:30

ドカベン、あぶさん、野球狂の詩……リアルが先か? 漫画が先か?
「このシーン、どこかで見たことがある!」
それは往々にして水島新司が既に描いていた…。
そんな[水島予言続々!]を集めた画期的な書籍が発売され話題を呼んでいます。

そこで、本書の著者・オグマナオト氏を迎え、
アマチュア野球を中心に活躍し人気のライター・菊地選手氏、
野球マンガ評論家のツクイヨシヒサ氏とともに、
とともに、水島マンガ50年以上の歴史と、
33作に残された膨大な数の「予言」について語っていただきます。

子供の頃から水島作品を読み続けてきたオグマ氏の「マニア視点」、
多くの取材から蓄積された見識による菊地氏の「野球視点」、
野球マンガの歴史と業界事情を知るツクイ氏の「マンガ視点」。
この三者三様の絡み合いから鼎談はどう転がるのか!?
予測不能の広がりを見せそうな、
レアなトークにご期待ください!

[本にあるトークネタの例]

■松井秀喜5敬遠の15年前に描かれていた「山田太郎5打席連続敬遠」
■全盛期を過ぎた渡辺久信・完全試合を描いた翌月、現実でノーヒットノーラン
■シーズン最終戦「代打逆転サヨナラ満塁優勝決定談」を28年前に!?
■計画発表の7年前に描いていたドーム球場(札幌ドーム)
■81年『光の小次郎』で描いていたドラフト逆指名
■ドカベン』でいち早く描いていたビデオ判定
■[年表]水島新司野球マンガと野球界53年の足跡 1970~2022
■[リスト]水島新司野球マンガ全33作品

【登壇者プロフィール】

オグマナオト

1977年、福島県出身。スポーツにまつわる雑学や伝説を採集し、コラムや書籍として執筆。雑誌『週刊プレイボーイ』『野球太郎』『昭和40年男』、サイト「スポーツナビ」を中心に、スポーツネタ、野球コラム、人物インタビューを寄稿。テレビ朝日系「報道ステーション」スポーツコーナーやニッポン放送『スポーツ伝説』など、テレビ・ラジオ・YouTubeのスポーツ番組にも構成作家として参加している。また、書籍の執筆、構成も担当。近著は『日本野球はいつも水島新司マンガが予言していた!』(ごま書房新社)

菊地選手

1982年生まれ、東京都出身。雑誌『野球小僧』『野球太郎』の編集部員から、2015年に独立しフリーのライターに。アマチュア野球の取材を中心に活動。野球部研究家「菊地選手」としても活動しており、「あるある本」の元祖である『野球部あるある』(全3巻・集英社)は13万部のヒット作になった。他にも著書に『巨人ファンはどこへ行ったのか?』(イーストプレス)、『下剋上球児 三重県立白山高校、甲子園までのミラクル』(カンゼン)、『オレたちは『ガイジン部隊』なんかじゃない!』(インプレス)など

ツクイヨシヒサ

1975年生まれ。栃木県足利市出身。野球マンガを中心に研究・発表を続ける一方、ライター、編集者として書籍、雑誌、インターネットなどでも精力的に活動。野球マンガへの造詣は深く、「野球マンガ評論家」としてメディア出演も多い。主な著書に『あだち充は世阿弥である』(飛鳥新社)、編著に『ラストイニング 勝利の21か条』(小学館)などがある。

※ゲストのクロマツテツロウさんからツクイヨシヒサさんに変更となりました。ご了承ください。


開催前

コピー年鑑2022収録対談 言葉は学ぶ vol.3 若者にとって、いま一番効く言葉とは 長田麻衣(SHIBUYA109エンタテイメント マーケティング戦略部エキスパート/SHIBUYA109 lab. 所長) × 福部明浩(catch)

若者にとって、いま一番効く言葉とは

言葉は学ぶ vol.3 若者にとって、いま一番効く言葉とは

2022/10/17 (月) 19:00 - 20:30 JST

終了

【10月5日】コピー年鑑2022収録対談 言葉は学ぶ vol.2 ウェルビーイングと広告 石川善樹(予防医学研究者/博士 医学)× 田中直基(電通)× 栗田雅俊(電通)【10月5日】コピー年鑑2022収録対談 言葉は学ぶ vol.2 ウェルビーイングと広告 石川善樹(予防医学研究者/博士 医学)× 田中直基(電通)× 栗田雅俊(電通)

広告は人を幸せにできるか~ウェルビーイングと広告~

コピー年鑑2022収録対談 言葉は学ぶ vol.2 ウェルビーイングと広告 石川善樹(予防医学研究者/博士 医学)× 田中直基(電通)× 栗田雅俊(電通)

2022/10/05 (水) 19:00 - 20:30 JST

終了

【10月3日】『和田裕美の営業手帳2023』刊行記念イベント

今年も文喫 六本木で開催!

『和田裕美の営業手帳2023』刊行記念イベント

2022/10/03 (月) 19:00 - 20:00 JST

終了

【9月26日】コピー年鑑2022収録対談 言葉は学ぶ vol.1 サステナブルと広告  土井善晴(料理研究家)×三島邦彦(電通)

サステナブルと広告

コピー年鑑2022収録対談 言葉は学ぶ vol.1 サステナブルと広告  土井善晴(料理研究家)×三島邦彦(電通)

2022/09/26 (月) 19:00 - 20:30 JST

終了

つめをぬる学校 in 文喫 六本木 vol.1

つめをぬる学校 in 文喫 六本木 vol.1

2022/09/20 19:00~20:00(開場18:30)@文喫六本木

終了

編集者ナイトin文喫 ~ヒットメーカーの企画発想術や編集思考を深堀り!~ vol.1 柿内尚文(編集者)×川上徹也(コピーライター)

編集者ナイトin文喫 ~ヒットメーカーの企画発想術や編集思考を深堀り!~ vol.1 柿内尚文(編集者)×川上徹也(コピーライター)

2022/09/29 19:30~20:30(開場19:00)@文喫六本木

企画展 / イベントトップ

文喫の貸切(イベントやレンタルスペースとしてのご利用)

店内を貸切でご利⽤いただけます。トークイベントやファッション誌の撮影、テレビドラマの収録など、様々な⽤途にご利⽤可能です。
パーティーなどの利⽤も別途ご相談ください。

■ ⽂喫貸切及び撮影利⽤

料金

9:00〜12:00

【平日】82,500円/1H
【土日祝】110,000円/1H

18:00〜21:00

【平日】82,500円/1H
【土日祝】110,000円/1H

天井高:最大5.8m(1F展示室部分)
面積:30㎡(1F展示室部分) / 260㎡(2F部分、書棚有)

※価格はすべて税込です。

※準備・受付/後⽚付けの時間も含まれます。30分単位で承ります。

※延⻑の場合、経過15分毎に、上記1/4の延⻑料⾦を頂戴します。

※⼀般の利⽤者様との兼ね合いもありますので、開店時間から使⽤終了時間まで、使⽤開始時間から閉店時間までの料⾦を頂戴します。

※上記以外のお時間をご希望の⽅は、別途ご相談ください。

※繁忙期など店舗状況によって、ご利⽤いただけない場合もございます。あらかじめご了承ください。

※予約をキャンセルされる場合、下記の基本料⾦を頂戴しております。あらかじめご了承ください。
7⽇前:30% / 3⽇前:50% / 前⽇:70% / 当⽇:100%

■ 研究室貸切利⽤

料金

9:00〜20:00

【平⽇のみ】11,000円/1H

最大定員:8名
面積:19㎡

※価格はすべて税込です。

※お⼀⼈様あたり⼊場料1,650円(税込)は別途頂戴いたします。

※準備・受付/後⽚付けの時間も含まれます。30分単位で承ります。

※延⻑の場合、経過15分毎に、上記1/4の延⻑料⾦を頂戴します。

■ イベントスペース貸切利⽤

料金

18:00〜20:00

【平⽇のみ】55,000円/1H
※最大定員40名

最大定員:40名
面積:70㎡
使用可能機材:マイク4本、アンプ、単焦点プロジェクター、Wi-Fi、ロッカー、イス、テーブル、キッチン併設

※イベントのオンライン配信可能です。費用は別途お見積りとなります。

※価格はすべて税込です。

※お⼀⼈様あたり⼊場料1,650円(税込)は別途頂戴いたします。

※準備・受付/後⽚付けの時間も含まれます。30分単位で承ります。

※延⻑の場合、経過15分毎に、上記1/4の延⻑料⾦を頂戴します。

お知らせ